ウロキナーゼとは・・

血栓の形成と溶解 [ 阪口周吉 ]


★ナットーキナーゼ 100mg 120粒


ウロキナーゼとは血栓溶解酵素のことで、心筋梗塞や脳梗塞といった病気を防ぐには、血液中の余分な血栓を溶かして、血液がさらさらに流れる必要があります。その為に有効なのが血栓溶解酵素なのです。
納豆にもナットウキナーゼという同じ働きを持つ酵素があります.
■ナットウキナーゼ・ナトフェミン
元来酒類にはウロキナーゼを増やす効果があります。
なかでも本格焼酎はその効果が非常に高いことが実証されています。

日本酒ビールはもとより、ワインに含まれるポリフェノールよりもウロキナーゼは血液をサラサラにする効果が優れています。これも実証済みだそうです。
ポリフェノールには、血栓ができるのを防ぐ効果があり、抗酸化作用によって動脈硬化を防いだり、血栓を予防するのに有効なのですが、血栓を溶かす効果はありません。
■【ジュアールティーゴールド】抗酸化作用で有名なポリフェノール含有量が『赤ワイン』の770倍!
本格焼酎を飲むことによって増える血栓溶解酵素のウロキナーゼにはすでにできてしまった血栓を溶かす作用もあるというのは驚きです。
本格焼酎には血液がサラサラになり、全身の細胞を活性化させ老化を防止する効果があります。
しかも製造の過程で、カロリーもごくわずかに抑えられているという焼酎本来の特徴により、ビールや日本酒と比べて太りにくいということが科学的に実証されています。

インフルエンザ流行 対策に加湿器が有効
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27720896

この記事へのトラックバック

はじめまして
Excerpt: いつも拝見させてもらってます☆ぜひ、見にきてくださいな??☆
Weblog: ミホ
Tracked: 2006-11-18 06:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。